す~の家計・節約・投資・子育

退職金がなくても頑張ろう!地方に住むワーママ家計奮闘記

子供の職業体験

素敵なチャンスに感謝

この週末は子供向けのイベントに参加してきました。二日間のイベント、土曜日だけ参加のはずが、日曜も連続して参加して来ちゃいました。


いろんな企業や大学の協賛であり、参加費無料ながら、ものすごく充実した内容でした。全てのワークショップに参加はできずに終わりましたが希望していたものにはほとんど参加できました。

4歳の妹は自分以上の背の高さにまで積み木を積み上げたら、その後トンネルを作り通って遊んだら崩すまで下からジェンガのようにピースを抜いて行き、破壊と創造の連続にドキドキワクワク。
f:id:duallife:20150308235738j:plain

7歳の息子は南極でも採用された木造プレハブの組み立てを体験する大工さんを体験。ヘルメットやハンマーをもって真剣に金具を打ち付けて、完成した建物に登っていました。

通信事業の発展について、手旗信号からモールス信号を学習し、初めてダイヤル式の黒電話を使って話をしてみたり光ケーブルの試験機であそんだり。
その他書ききれない程沢山のワークショップに参加し、大忙しの二日間でした。


行ってみたいキッザニア

キッザニアなど職業体験施設がありますよね…でも、地方都市にはまたまだ縁遠いのです。我が家もいつかは遊びに行きたいな〜と思っている私ですが、なかなか行動出来ていません。なのでこういうイベントが地方で開催される事にはとても感謝しています。


私は優柔不断な性格と、まぁなんとかなるか、とあまりじっくり考えない性格だからか、幼い頃からこれになりたい‼️という職業がありませんでした。

人生の岐路において、勧められるまま、興味のあるままに生きた結果、巡り巡って今にたどり着いたのが今の経理のお仕事ですから特に後悔はありません。経理なんて全く選択肢になかったのに、これをやってみてほしい、と言われたらまずチャレンジ、嫌です、出来ませんと言うことは選択肢に無く、がむしゃらにやって来て今に至ります。


子供の職業選択に親が出来ることは
子供たちにはこういうお仕事もあるんだよ、こういう事で誰かが助かって、それに対してお金を頂けるのが仕事だよ、と伝えたい。そして、これになりたい!というものが見つけられたなら、全力で応援したい。子供の内に、選択肢をなるべく沢山見せてあげられたら、というのが私の願いです。

自分の39年間に後悔はしてないですが、
この本に出会えていたらもしかしたら今の職業とは違う出会いがあったのかも、
と思うので高学年になったら買い与えたいと思っている一冊です。



にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村