読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

す~の家計・節約・投資・子育

退職金がなくても頑張ろう!地方に住むワーママ家計奮闘記

踊る日経平均と私の損切銘柄

投資

 

先週、15年ぶりに日経平均が19,000円台に乗りました。2000年4月以来だそうです。
2000年なんてミレニアム(なんて懐かしい言葉おぼえていますか?)
関連の雑貨の限定グッズに心躍って購入した熱も治まったころ、会社員2年目を迎えたお気楽女子でしたね。

一通り仕事も覚えて、学生の頃付き合っていた彼とも終わってしまい
さぁ、プライベートをどうやって充実させようか、なんて色々とチャレンジしていたころですかね。
このころはまだ、投資デビューする前なので日経平均や為替のニュースなどが毎日ながれても無反応、なんの意味があるのか・・・とさえ思っていた私です。

今はこの日経平均のニュースに心躍ってしまう私ですがオリンピック開催までは投資のチャンスだと思っているので、冷静に、着実に資産を増やしたいと思っています。

1月末 評価益  35万円
2月末 評価益  55万円
今現在 評価益 56万円
------------------------
いずれも投資元本は260万円台なのですが
(毎月数万積み立てているのため変動します)
どんどん含み益が増えてきました。

3月分は評価益60万円台になっていたところから先日ディズニー資金で5万円評価益を利確して出金したので微増になっていますが。

正直ここまで急激に上がると、いつ急落するのか小市民には不安もあります。

ただ経済基調としては上向きだ考えているということ短期投資ではない、という点からすれば、ファンダメンタルの良さを確認してどこに投資するのか厳選すればチャレンジしてもよいのではないかと思います。

ここで戒めのために、私の損切銘柄ワースト1を発表します。

2006年1月16日
証券取引法違反容疑で、東京地検特捜部ライブドア本社などに強制捜査を行い、これを受け翌1月17日から始まった「 株式市場の暴落」、ライブドアショック。振り返ると私はそのニュースに反応することなく1月19日にバルスという会社の株を購入しています。大馬鹿者です。
(もしかしたらこれは受渡日でニュース前に購入してたかもしれません)

購入時 1株 78万円 (2006/1/19)
売却時 1株27万円 (2006/11/15)
損失  ▲51万円

バルスと聞いて、「フランフランの!」ときたらば雑貨好き、
バルスといえば、「滅びの呪文・ムスカかっ!」と思ったらラピュタ好き。

・・・脱線しましたが、私は当時フランフランの雑貨にはまり購入数日前に、バルス東証一部に鞍替えになったこともあってこんなに好きなら優待株主になっちゃおうか♪とネットでポチリと投資開始。

悪いタイミングに購入したとしても、
ちゃんと損切ルールをもっていればよかった。傷は浅くてすんだのに。
ニュースに反応して危険予測しておけばよかった。
「どうせ損するにしても優待はほしい」なんて欲をださなければよかった。
会社分析もろくにせず、またきっと上がるはず!なんて根拠のないものを信じて
結局10か月もズルズル損切できずに保有してしまった私。

結局株の価値が1/3程度になってしまった頃、このまま年を越すのが嫌になったんでしょうね。ようやく決心がついて損切したらしい当時の私。
50万を超える損失を確定させてます。

その後2012年にバルスは買収され上場廃止になりました。
今は別格法人となり企業としては継続され、いまでもフランフランの雑貨はステキなままです。

ふぅ・・・しかし私にとっては滅びの呪文バルスでした・・。
私の投資歴で10万円以上の損失銘柄はバルスを含め合計3つありまして、金額にしますと合計86万円。 どんだけ・・・。

本当は一気にご紹介しようと思ったのですが、充分気が滅入って来たのでまた次回w

ラピュタも大好きです。

 

天空の城ラピュタ [DVD]

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村