読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

す~の家計・節約・投資・子育

退職金がなくても頑張ろう!地方に住むワーママ家計奮闘記

個人型確定拠出年金を検討した結果

f:id:duallife:20150519120406j:image

夫婦で同じ会社に勤めています。
退職金制度がないので、毎年退職金分として・・・と
毎月有価証券口座28,000円、定期に4,000円積立てているのですが、
FP3級の勉強をしていくうちに、「個人型確定拠出年金」というのに
出会いました。

確定拠出年金、というと所属する企業がその制度を採用していないと
利用できないものとばかり思っていたのですが、そうではなかった!

それは「企業型確定拠出年金」とよばれるもので、
・企業型は企業が天引きして掛け金を積み立てるものに対し、
「個人型確定拠出年金」は
・過去に企業型に入っていて退職等により継続できなくなった人、もしくは個人事業主など国民年金加入者、サラリーマンで厚生年金基金、確定給付企業年金、石炭鉱業年金基金のいずれかに加入していない場合

というのがあるそうです。

個人型確定拠出年金は月額23,000円を上限に拠出できるようなのですが
拠出した掛金は全額所得控除の対象という点が、自分の「つもり退職金積立」と
大きくちがうな!と気が付いたわけなんです。

個人型の確定拠出年金についていろいろ調べてみたところ

・利用できる窓口銀行や証券会社はいくつかあるが限られている。
・個人型確定拠出年金は管理手数料(年間600円がかかる)
・窓口となる銀行や証券会社にも別途管理手数料が必要。(0~年数千円)
スルガ銀行SBI証券(残高50万円以上のとき)では管理手数料

投資には変わりないので、運用益のほかにもフィーがかかるのでちょっと
尻込みしますね・・・・。

少し前までは、SBI証券に窓口もあるし、さっさと資料を請求して積立を
始めてみようかな~と思っていたのですが・・・

住宅ローン控除があと数年ある。
・管理手数料>所得控除にもしかしてなるかもしれない。
と考えるようになってきました。
もう少し効果金額をじっくり検討する必要がありそうです。

気にしていると、ふとした記事にも目が行くようになるものですね。

こんな関連記事を見つけました。

 


一通り関連の記事を読み漁りまして、
ざっくりとした私の理解では

厚生労働省が4月に「確定拠出年金法等の一部を改正する法律案」を提出。

・今は個人型確定拠出年金(DC)の対象者は
 企業年金や企業型DCを利用していないサラリーマンだけであったが
 公務員や専業主婦にも広がる。

企業年金や企業型DCを利用している人も利用できるようになる。

・法案が承認される前提で考えると開始時期は2017年1月(二年後)

・2017.1からの改正版になると、手続き等も相当簡略化され、手数料の軽減も
多少見込めるかも…。

 

うちの会社は退職金制度はないけれど厚生年金基金に加入しているので現行の制度では活用できないかも…と人事の方からの言葉もありました。結局いまの我が家夫婦二人には適用できないのかな、という結論に至りました。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村