読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

す~の家計・節約・投資・子育

退職金がなくても頑張ろう!地方に住むワーママ家計奮闘記

ドロドロ血をなんとかしたい!

お恥ずかしながら、春の健康診断でLDLコレステロール値が高い、と異常値が出てしました。
いわゆる、ドロドロ血⁉︎なんでしょうか。これからちゃんと理解して改善しなくてはいけません。

そんな折、録画したNHKのガッテンで丁度「血液のチカラ」というテーマの放送をよくよく見て、すこしでも向上させたいな…と。

以下は私が観た番組内容のまとめと感想です。

  • 恐怖体験、ストレス体験で血栓のもとが発生!
番組では通常の状態で血液検査したものと、何も知らせず廃業した病院を1人で探検させられ、仕込まれたお化けなどによる恐怖体験直後に採取した血液では血流の流れが変わっていました。

  • 血栓のもとが出来るのは生存本能の表れ!
採取したばかりの血液に、ヤマカガシという毒蛇の出す毒液を混ぜると、あっという間にドロッとした塊に!なりました。恐ろしい…。

フィブリンという血液中の成分は通常切り傷を見つけるとかさぶたとして出血を止めてくれるような良い動きをする血液の働き。

これが、ストレスや恐怖で過剰反応や誤作動を起こした場合や、危険を察知した時に「大量出血をしたら大変だ!」と怪我をする前に血が固まる準備を始めるという生存反応の一つであるとのこと。

  • 自分の力で血栓は溶かせる!
医療現場では脳梗塞などの治療薬として、t-PAという物質があるそうです。
正式な名前は tissue plasminogen activator  :ティシュー プラスミノージェン アクチベイター

この成分は元々体内にあり、生成されている物質。ならば身体にあるt-PAを増やせばいい!とのこと。

  • t-PAを増やすなら、まずは運動!
いつも運動しない私にとっては、メチャクチャ耳の痛い話し。

ですが番組では、モニターの方々が室内でも1日30分の足踏み、近所の散歩などの有酸素運動をすれば血栓を溶かすというパワーについてそれぞれアップ!を、実証してくれました。

①息が上がらない程度の30分程度の有酸素運動 3週間

この運動を、すれば持続的な効果が見込まれる。
血流が良くなりt-PAの働きが良くなる。
番組のモニターは2.5倍や3.4倍の方などが多くいらっしゃいました。

②15分の激しい運動
マシンバイクで物凄く大変そうでした…。番組ではなんと21倍も働きが良くなりましたが、効果は一時的との事でガッテンではやはり①がおすすめでした。

さらに、番組では被災地で避難生活を送られている方は余震による強いストレスや運動不足、エコノミー症候群などを、引き起こす原因にもなるためご注意ください、とも言っていました。

お酒もタバコもやらない私は痩せてはいませんがまぁ、普通の体形です。
やっぱり運動不足が原因なのでしょうね…健康に王道なし!食生活だけに注意していてもダメなんでしょうね。

血管が詰まらない、切れない100のコツ


運動〜!なにから始めようかな。