す~の家計・節約・投資・子育

退職金がなくても頑張ろう!地方に住むワーママ家計奮闘記

突発性難聴になりました:初診

用事で半日休みを頂いた金曜日、当初の目的を済ませていよいよ緊張の初診に挑みました。

 

初めてです、と保険証をだすと簡単な問診アンケート、今日診てほしい内容を詳しく書くことのことで

10日ほど前から左耳に高音でキーンとなるような耳鳴りが止まらなくなり、一昨日から耳が張ったような感覚が出始めた

書きました。もうその頃は張りに加え若干の痛みがかすかに感じられました。

 

30分ほど待って名前を呼ばれると、聴力検査をしますがその前にサッと先生が左右の耳の状態を、確認して下さいました。中は左右共に綺麗ですね、との事で聴力検査に入りました。

 

小部屋に看護師さん2名と入室してまずは鼓膜の状態を検査します、とゴムの耳栓の様なものが少し耳にささる感じの器具を使って鼓膜の圧の検査をしました。

f:id:duallife:20161204072808j:image

のちの診察では青い点の間に山がしっかり出ているので鼓膜の状態は良好です。と言われました。

 

続いて聴こえの検査をしました。

ヘッドホンをして音が聴こえたらボタンを押して下さい、とボタンを手に持ちじっと待ちました。

 

異常ない右耳からスタート。キーキーキーやポーポーポー、 というようなかすかな音が聴こえました。続いて反対の耳に。さっきと同じ音が聞こえるはずなので、なんとなく安心。

 

さらに今度は検査する耳の反対側から風の音のようなノイズがある状態で同じ聴こえの検査。すっごく聴き取り辛くなりました。

 

今度は別のヘッドセットを装着。片方は普通のヘッドホンで、もう片方は耳の後ろの骨の辺りにボタンのようなものを当てます。ボタンの方から音がするのでまた聴こえたらお知らせ。

 

いよいよ診察です。

こちらの検査結果を呈しながら左耳が右耳よりきこえにくくなっていますね、と言われました。

f:id:duallife:20161204082021j:image

確かに数ブロック分左耳聴こえが低くなっていました。

突発性難聴ですね、と言われましたが俄かには受け入れられずきっと微妙な面持ちだったと思われます。

「おでこにこれから音叉を当てます。右耳から聴こえたら左耳が難聴という事です」事前にひとことあって音叉を当てるとまさにその通り。納得しました。

 

自宅に戻り参考にさせてもらった聴力検査についてのサイト。

聴力検査の方法・コツ:STになろう!

 

次は投薬について書きます。