す~の家計・節約・投資・子育

退職金がなくても頑張ろう!地方に住むワーママ家計奮闘記

教育費、いまのプランで大丈夫か確認してみた。

f:id:duallife:20170803202838j:image

教育費の恐怖・・・ってときどき襲ってきませんか??私はあるんですよね〜。

 

実のところ、我が家は学資保険に入っていません。母子手帳があれば産前にも加入できる学資保険とかもあるようですが
あまり興味がわかなかった・・・・私。

そのかわり、児童手当はまるまるスライド貯金をしておりキッチリ確保しています。その他ちょこちょこ積立てや、すこし昇給したときには子供用預金へ確保してみたり将来の教育費のために頑張っているつもりではいるのですが、小学校高学年上の子、入学したばかりの下の子がそれぞれ18歳になるときに一体いくらぐらい貯金できているのかを改めて計算してみました。

 

①上の子は毎月10,000円、お誕生日の日に積立て口座へスライドし下の子は毎月15,000円を同じくスライド。

毎月10,000円は少ないかなと下の子の時に思い直して差がでています。
どちらの分も今ちょうど1,230,000円ぐらいづつの残高となっています。

②去年あたりから楽天銀行で子供名義の口座を作ったので給与日に私の口座から子供の口座へ5,000円ずつ振込しています。
上記の毎月①の積み立てが下の子の方が手厚いのが気になっていたので最近上の子10,000円、下の子5,000円に変更してみました。

まだそれぞれ残高は85,000円と70,000円

①+②=現状 1,315,000円⇒ 18歳 3,155,000円(上の子)
①+②=現状 1,300,000円⇒ 18歳 4,140,000円(下の子)

この金額が十分なのか、全然足りないのかよくわかりませんがおおよその金額は見えてきました。

この積立て以外にも子供名義で有価証券にそれぞれ③600,000円ずつ確保しており④自分名義で積み立てを月3,000円教育費用に確保するなどしています。

④は現在220,000円ほど残高があり、中学校や高校入学の制服購入代など
家計を圧迫すると予想されるのでその辺の費用はこちらから流用するなどして乗り切りたい・・・

 

①と②の積み立ては死守したいな~と思っています。
とりあえず、①+②+③の二人分をあわせると8,500,000円ぐらいにはなるという計算なので、大丈夫かな・・・どうだろ・・。

ただ、もうすぐジュニアNISAの口座が出来上がるとおもうので手を付けない前提であるならば、ジュニアNISAを活用して、税の優遇措置を利用しない手はないかな、とおもうので①を一部解約して上限800,000円づつ資金を移動したり…を検討中です。